2005年04月11日

マフの市〜マフの市〜

いってまいりましたマフの市
ついにイベント初参加ですょ
夜9時開始は正直ちょっときつかったですが、なんとか3分おくれぐらいで会場に到着
すでに40人ぐらいの人が集まっていて主催のカルニュクスさんがイベント進行の説明をされておられるところでした
いや〜これだけ人多いと重いのなんの;
こういうときはさすがに自分のPCの非力さを感じちゃいますネ

ともあれ市は開催され、さっそくあちらこちらに売買の取引が立ち上がります
市場の風景1
取引はパーティーを作ってそのなかで行われます
一応私は銀行のかなりの領域を占有していた半端な魔符を全部持ってきていました
当初は別に集める気はなかったので買取が出るのを待って座り込んでいましたが、なかなか私の持ってる魔符をほしがる方は現れません
しょうがないから自分で売却をだすことにしました
とりあえず手持ちの中で一番高価な黒ダイアウルフから
これ、実は以前町中に落ちてたヤツを拾っただけです・・・黒ダイアウルフなんて自分で狩れるわけないですからっ!w
でもなかなか買い手もこない・・・黒ダイアウルフってそんなにレアなんでしょーか?
私、黒ダイアウルフがどこに出る敵かもわかってませんw
しょーがないので白オオカミの魔符も同時に売り出すことにしました
そしたらこっちはあっさり買い手が来て売れていきました
おぉー初売り上げ、やったぁ

市場の風景2
次は赤クモを黒ダイアウルフにならべて出してみました
すると2人の方がほとんど同時にパーティーに入ってきて、そろって赤クモ魔符を所望
ちょっとあせりましたね
とにかくこれ以上人が入ってこないようにパーティー募集を中断
そして、4枚しかないので2枚ずつにしてもよろしいかと提案したところ、幸いにも快諾いただいて、トラブルにならずに取引を成立できました
丸く収まったからよかったものの、これからはもっと気を遣わないとダメですね
誰か1人でも取引に入ってきたら、すかさずパーティー募集を閉じるようにしないときっと混乱の元になります
・・・でも周りみてみると4人とか5人とか入ってるパーティーもあるんですよね、どうやって捌いてたんでしょうか?私にはマネできません

なんにせよこれでとりあえず売り払っておきたい魔符は黒ダイアだけになりました
長いこと待ちましたがこれもようやく買い手が現れました
が、買い手さんがおっしゃるには、クライアントが重すぎて落ちそうなので場所を移動したいとのこと
もちろん移動することに何の問題もありません、パーティーですから移動しても相手の位置はわかりますし
演奏広場から少し離れて人がいないところまでいき、無事取引成立
いやー正直黒ダイアウルフなんて自分で狩れるのはかなり先だし、買取したところで10枚そろわなかったらイヤだしで、売れてくれてホント助かりました

残る手持ちは褐色キツネ、白クモ、灰色オオカミです
この3つ、弱くて人気のモンスターだけあって売却はよくでるものの買取はほとんど出ない
ならばと、自分で買取にまわることにしました
まずは褐色キツネ
売りだされていたのを買い取り、自分で買取窓もだしてあっさり10枚コンプ
白クモも灰色オオカミも同様に次々コンプ
こうして買取をやってみると、これけっこう楽しいですネ、10枚揃う達成感みたいなものがありますw
ひょっとすると売却の方がめんどくさいかもしれません
この頃になると主催側も買取を推奨していました
理由はたぶん私が感じたことの他に、同じモノの売り乱立を減らすといったことがあるのかもしれません
買取が立つ方が明らかに取引は整然としますしネ

さ〜て、自分の分の売買はつつがなく終わったので、後はイベントを楽しむだけです
まずは主催のカルニュクスさんを捕捉して隠し撮り激写
ゴーレムを倒した カルニュクス
他に有名人はいないかなーと会場をみまわしていると、ルーシアさんを発見!
ゴーレムを倒した ルーシア
おそるおそるささやきで話しかけてみる・・・ドキドキ、気分はすっかりアイドルにサインをねだるパンピーw
でもなるべく失礼のないように気を遣いつつ・・・そのあたりは常識としてネ
明日の服飾販売イベントの事とかお話ししました
もうステキ応対してくださいましたょ〜(>∀<)

その後よくみたら他にもけっこう有名人が
ふたばさんmarjoramさんAryaさんNagiさん・・・他にも私が気付かなかった誰かがいたかもしれません
いやもう、普段チャンネル2にしかいないもんだからこんなふうに有名人が一堂に会してるのを見ることなくて、免疫ないもんだからもうミーハー根性全開ですw
でもSS撮ったくらいですよ?話しかけたりしませんでしたよ?
彼らだってイベントに参加したくてきてるわけでしょうから、ファンとの交流は別の機会にしたいでしょうし
そのかわりに今ここからトラックバック張っちゃいます、わ〜い(ぉ
リンクも張っちゃいます、いぇ〜い(ぉぃ

やがて市の終了予定時間も過ぎ、人も減ってきてわりとこじんまりとした集まりになってきましたが、それでも取引は終わりません
カルニュクスさんは流れ解散とおっしゃってたので、階段に座り込んでまたーり
市場の風景3
だんだんコンプが厳しくなっていったらしく、それでも少しでも10枚コンプを増やそうとみんなで努力
微力ながらお手伝いをと灰色オオカミの端数買わせていただきました
灰色オオカミなら今の主狩場だし、余ってても困らない困らない
最後まで頑張ったみなさんおつかれさまです
結局終了予定時刻の10時を1時間ほど過ぎた11時頃まで取引がありました
その頃にはもう人もほとんどいなくなり、あとは主催者とその身内だけで余韻を楽しむ頃でしょうから私もおいとましました

とにかく銀行の邪魔だった魔符が綺麗に処分できたのが嬉しいイベントでした
これで新しい型紙を買ったり裁縫バイトを受けたりしても平気になります
またやっていただけるといいですね
半端な魔符が貯まってると嬉しいイベントですけど、逆に手持ちに魔符がなくても買い集めるのはけっこう楽しいと思います
次はどれか一種類の魔符に狙いを絞って、10枚コンプにこだわらずに最初から最後まで同じ魔符を買い集め続けるとかやってみたいなぁ、時間内に何枚集まるかな、とかw
そういう、同じ魔符を買い続ける人が何人かいると取引がもっと整理されるんじゃないでしょうか、単なる思いつきですが

あらためて、カルニュクスさんとGate of Heavenのみなさん、主催おつかれさまでした〜&ありがとうございました〜♪

posted by しにゃ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。